5月18日に再開館いたしましたが、5月19日より臨時休館中です。

図録を2,000円にて頒布しています。
図録一覧のページへ

展覧会概要

橋本照(1927~2014)は、東京都大田区に生まれ、新潟・西会津を経て猪苗代町を拠点に活動した水彩画家です。喜多方中学校(現福島県立喜多方高等学校)を卒業後、会津地域の小学校に勤務しながら絵筆をとり、1958(昭和33)年に会津美術展(現会津総合美術展)、福島県総合美術展、翌1959(昭和34)年には水彩連盟展で初入選し、以降それらの展覧会への出品を重ねました。小学校教諭として美術教育に尽力する一方で、福島県総合美術展では運営委員として務め、福島県内の芸術文化の向上に励みました。さらに、水彩連盟会津支部の支部長・顧問として活動を支え、多くの会津出身の画家と交流を持ったことから、会津地域の水彩画の歴史を知る上でも重要な人物と言えます。

本展では、初期に制作した抽象画をはじめ、水墨画を思わせるタッチで国内外の風景を描いた水彩画、スケッチブック等の資料を紹介します。さらに、水彩連盟会津支部で交流のあった荒川三郎・武藤信義の作品を合わせて展示し、橋本の水彩画家としての歩み、そして戦後会津での水彩画家たちの活動をご覧いただきます。

〈 北の街 〉1993年

 

観覧料

一般 大学・短大・専門・高校生 小・中学生
300円(250円) 200円(150円) 100円(80円)

※( )は20名以上の団体料金です。

主催

喜多方市美術館

特別協力

福島県立美術館、会津若松市教育委員会、猪苗代町

関連事業

ワークショップ「初夏の絵手紙教室」 ※募集を締め切りました

日 時 2020年5月3日(日)

変更後:2020年6月7日(日)

10時00分〜12時00分

会 場 喜多方プラザ文化センター 第一会議室
講 師 五十嵐 君枝(水彩画家)
内 容 はがきに水彩画で季節の植物を描きます
参加費 無料
定 員 小学生~大人 15名(要申込)
その他 絵の具セット、描きたい草花をお持ちの方はご持参ください。

 

学芸員による作品解説 ※開催未定

日 時 変更前:2020年5月3日(日)、5月24日(日)

変更後:2020年6月6日(土)、6月14日(日)

各日 14時00分〜15時00分

会 場 喜多方市美術館展示室
内 容 展覧会内容と作品解説
参加費 無料(申込不要・当日観覧券が必要です)