喜多方市はたくさんの蔵があることで「蔵のまち」と呼ばれています。
喜多方市美術館は、そんな喜多方市の西の方にあって、隣接する喜多方プラザ文化センター、押切川公園体育館、野球場そして蔵の里などと共に、カルチャーゾーンを形成しています。

喜多方市美術館の建物は、蔵のまちの施設らしく、煉瓦蔵をイメージしてつくられています。
建物の一部には地元喜多方で焼いた煉瓦を積み、こじんまりとした中にも落ち着きがあり、周りの町並みにすてきに調和しています。

常設展示はなく、企画展中心の美術館です。
夏休みの期間を中心に、家族で楽しめる展覧会も毎年企画されています。
「地域に密着した美術館」、これが喜多方市美術館がめざす目標です。